心身健康・整体レシピ by はんなりシェフ

ココロと体に良いコトを、自宅で誰でにも。面白ネタ、健康のコツ、食べ物、考えネタなど。整理と共有のためのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●内側からダイエットの秘ケツとは?(2月の旬)

冬って実はかなり太りやすい時期だってご存知ですか?

それは

●冷えによって、体が防寒のために脂肪を蓄えようとする・・・
  (なんて余計なお世話な・・・(笑))
●消化機能が落ちるため、 余計な脂肪、水がたまりやすい

などの理由があります。こわっ。

・・・ということで、さて、その対策とは?

今回も、旬の食材(その季節のカラダによく、消化もしやすいです)と
主要なツボで、自力健康をキープしていきましょう。

というわけで、
まずは食材から。

------------------------------------------------------------
■1)食:

 かぶ、カリフラワー、きゃべつ、ごぼう、小松菜、春菊、
 せり、セロリ、だいこん、菜の花、ねぎ、白菜、
 ブロッコリー、ほうれん草、水菜、ゆりね、レンコン

(秋から輝いていた、きのこ類の旬は、ひと段落ですね)

 鯛、きんき、さわら、たら、ひらめ、あさり、イカ、かき、
 かに、のり、はまぐり、ひじき、帆立貝、わかめ

 ※わかめに旬ってあるんですね・・・そりゃあるか(笑)。


------------------------------------------------------------
■2)健康のポイント

2月といえば・・・

 ●一年で一番寒い時期。寒さも仕上げの段階に入ります。
 ●冬の間の疲れ(冷え、温度調整など)がたまってます。
 ●年末年始の食べすぎ、飲みすぎのツケが回ってきます。


ということで、自律神経の疲れ が出てきやすい時期です。

 つまり、頭痛、冷え症、胃もたれ、下痢、便秘、睡眠不満、
 肩こり、腰痛、etc・・・・


さて、対策としては、地味ですが・・・実行しやすく、かつ
重要なものとして3点、ご提案です。
 
 1)カラダにいい食べ物、食べ方をする。
 2)カラダを適切に暖める(冷やさない)
 3)寝る時間、食事の時間をできるだけ一定にする


自律神経がつかれると、カンタンにいってしまえば、
「病気に抵抗する力・回復する力」が落ちます。
(食べ物を消化する、栄養を吸収する、寝る、などが弱化)

なので、
「体調不良だし、精のつくもんでも食べるか!」
というのは、逆効果まっしぐら になることもあります。


それよりも。


「カラダをびっくりさせない、安心させる」
という方向性で、1)、2)、3)あたりをしてあげると、
着実に調子を取り戻します。

具体例は、

 1)自然に近いものを、よく噛んで、腹8分以下で食べる

 2)家でも外でも3首(首、手首、足首)をしっかりガード。
   カラダを暖めるものを食べる

 3)これは、そのままですね(笑)。食・睡眠の時間を決めると、
   内臓が

   「バッチ来い!状態」になり、

   スタンバってくれるそうです。
   (内臓の活動も、分泌するものも、スムーズになる)

といったところです。

------------------------------------------------------------
■3)実際のツボ

というわけで、消化促進のツボを
それぞれ、画像で紹介ます。

呼吸をゆっくりしながら(特に吐くときにゆっくり)、
親指でじわじわと20~30秒、マッサージしましょう。

または、ドライヤーでその箇所をあっためるのも
有効です。気持ちいいやり方を見つけて下さい。

まずは①。 (①も②も、効果の強いやつをピックアップしてます)

消化対策のツボ1

続いて②。

消化対策のツボ2


------------------------------------------------------------


いやぁ、このところめたくそ寒いです。さすが2月。
(一年で一番さむいとも言われるんだとか)

このウィンター、最後の砦、ですな。


最近、ひょんなきっかけから毎日、6時起床です。
シーンとして、空気がクリアで、むちゃくちゃ寒い。

決意をもとに布団を這い出し、
早朝の光と清浄な空気の中。

まっさきにこの胸に去来するのは・・・

「さて、寝直すか」。

この志です(笑)。 

純粋かつ強烈です。



ただ、頑張って起きてもそもそと解剖学やら整体やら
料理の勉強をしているんですが、なかなか、濃いもんですね。

世の中、小さいものは大きいものと構造はそっくり(フラクタル)
ですから、

「一日の終え方(寝るとき)は、死に方の訓練」
「一日の始め方(起きるとき)は、命の始め方の訓練」

と大げさに言っても、そうバチは当たらんかと思います。

早起きの健康効果については、しばらくチェックしてみて、
また報告します。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

はんなりシェフ

Author:はんなりシェフ
健康フェチです。マーケティング系の
ビジネス経験を経て、現在、整体師です。
(@新宿整骨院)

『ヒトが本来持っている、とんでもねえ
 能力と魅力の最大発揮』

が自分のライフワークです。

そのためには、健康や、戦友、名作、
頑張り所、息抜き、食、をそれぞれ
大事にしていきたいな、と。

そういう大切な素材を整理しつつ、
共有していくためにブログ書いてます。
ぜひ、楽しんで生きるためにも、
お互い、健康で行きましょう。

ことわざ黒板

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。